長寿医療制度
長寿医療制度の保険料
LINK
円形脱毛|女性
円形脱毛|原因
不眠
  長寿医療制度 概要

 ★ 75歳以上の方
 ★ 2008年4月から施行
 ★ 保険料の徴収方法は、年金からの給与天引きが全国で基本
 ★ 自己負担は、今まで通り1割負担(高所得者は3割)

 
  目安として長寿医療制度(各市町村によって異なる為)
     年間世帯所得  153万円以下   月額  1,000円
             200万円     月額  6,000円
             300万円     月額 13,000円
 ★ 上限                  年間    50万円


  長寿医療制度  免除・軽減

《健康保険組合、政府管掌健康保険、共済組合の被扶養者》
 今まで扶養で負担が無かった方も新たに保険料を自分で負担することになりますが
 長寿医療制度へ移行するまでに免除・軽減の期間を新たに設けてます。

 平成20年4月~9月              
全額免除
 平成20年10月~平成21年3月    2,370円(年間負担額)
 平成21年4月~平成22年3月    23,707円(年間負担額)


《所得の低い方への軽減》 長寿医療制度
 取得:収入から各種控除等を差し引いた金額になる
   (年金収入のみで153万円以下なら7割軽減)
 
  7割軽減  世帯内の総所得金額が年間33万以下
  5割軽減  世帯内の総所得金額が年間33万+24.5万×世帯の被保険者数(世帯主除く)
  2割軽減  世帯内の総所得金額が年間33万+35万×世帯の被保険者数

  国民健康保険を減免

年金と違い国民健康保険を減免してもらえるのは、「ある一定の収入以下の場合」とも言われております。
しかし、ある隠れた方法により国民健康保険料を半分以下に翌年から急激に減らすことが可能になります。

 ■ たった 1枚の書類だけで、国保が数十万円も減少する、目からウロコの画期的な方法です

 ■ 保険料が苦しくて払えない、そんな緊急事態に威力を発揮。毎年の保険料を極限まで減らす方法です

 ■ 国保を無駄に払っている親族を1人残さず見つけ出す超簡単なPDFで自力でダウンロードするマニュアルです

 ■ 支払金額は一気に減るのに、いろんな保障が多方面で増える方法になる


税金の詳しいルールだけ知っていても、この画期的な方法には気付きません。
国民健康保険料・国民年金・社会保険・税金。 これらのルール全てを、マニアックに調査し
組み合わせてこそ、簡単に見つけられる魔法のような方法だからです。


この専門知識があれば、次回からの国保の支払を、約1万円~5万円は最低でも減らせます。
Copyright 2014 ken All rights reserved.
 z[y[W ^T[o[ N